toggle
札幌市東区 祐川整形外科医院
祐川整形外科 リハ室

リハビリについて

スタッフ紹介

左端より青木(PT)-前川(PT)-高林(PT)-越野(PT)-林(アシスタント)
宮本(学術担当)-本堂(科長代理)-早瀬(科長)-松川(主任)-田村(PT)
PT:Physical Therapist

当院リハビリ科について

 当院では理学療法士が9名在籍しており、患者様の個々の症状に応じたリハビリテーションを医師の処方をもとに実施しております。地域の患者様はもちろん口コミでご紹介いただいた方も含め、小児から高齢の患者様まで幅広い年齢層に対応させて頂いております。整形外科疾患がメインですが、慢性期の中枢神経疾患(脳卒中後の麻痺の患者様など)も対応させていただいております。一般的なリハビリテーションは、プロトコールに沿った画一的なプログラムになりますが、当院では個々の患者様の症状に応じたオーダーメイドのリハビリテーションを提供することを目標に日々の治療に取り組んでおります。

 また、予約制ではありませんので、患者様のご都合の良い時に来院していただければいつでも対応可能です。非担当制になりますが、毎日のカンファレンス(診療会議)でのディスカッションでスタッフ間の情報共有を徹底しておりますので、ご安心ください。

 お仕事の都合でなかなか来院できない患者様にはセルフ・エクササイズの指導も行っておりますので、ご相談いただきたいと存じます。

 最後にすべての理学療法士の共通の想いですが、痛みを伴わないリハビリテーションも可能です。確かに術後急性期のリハビリテーションでは痛みを伴う場面もありますが、多くの疾患・病期で痛みのないリハビリテーションは可能と考えております。『リハビリ=痛い・つらい』という概念を少しでもなくせるように真摯に治療に取り組んでいきたいと存じます。

リハ室は広々110m²

教育機関から理学療法科学部生・専門学校生の実習受け入れを積極的に行っています。学生を積極的に受け入れることにより、教育を通じ地域医療に貢献できるよう努力しています。

設備紹介

当院では最新のパワーリハ機器をそろえております。

最新のパワーリハ機器導入により各患者様の能力に合わせた運動をすることが可能です。低負荷で身体を動かすことで健康維持・増進を目的とした運動を行います。

牽引治療器
椅子に座った姿勢からそのまま牽引が可能なスーパートラックを採用しています。椅子に座る姿勢のままで牽引治療が行えるので、負担が少なく治療が行えます。急性腰痛症(ギックリ腰)・椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・頚椎症性神経根症などに効果があります。


過流浴
42℃の温水の渦流により温熱効果とマッサージ効果が得られます。手指の末梢血流を改善させ、筋肉の硬化を和らげます。手指・手関節の関節拘縮・打撲・捻挫・腱鞘炎および手指・手関節の骨折後の疼痛・拘縮改善に効果があります。


中周波治療器
中周波刺激装置。幅広い周波数を組み合わせて刺激することにより、多様な筋に強い収縮を引き起こします。筋弛緩作用・血流改善効果・疼痛緩和効果が得られます。頚椎症・腰痛症・肩関節周囲炎に効果があります。


超音波療法
最新式の超音波治療器であるソニックタイザーを導入しています。超音波による温熱作用とマイクロマッサージ作用により疼痛の緩和や血流促進効果・組織の伸張性向上効果があります。関節拘縮・靭帯損傷・捻挫・打撲・腱鞘炎などに効果があります。


メドマー
ブーツ式マッサージ器。効率的なマッサージで下肢の血流。リンパの流れを改善させます。浮腫みやリンパ浮腫に効果があります。


ホットリズミー
磁気・振動・温熱効果で筋肉を収縮させ、筋弛緩・血流改善・疼痛緩和効果が得られます。磁気の力で体内の深部まで温めることが可能です。頚椎症・腰痛症・変形性膝関節症・腱鞘炎に効果があります。

ウォーターベッド
最新式の3Dウォーターマッサージベッドを2台導入しております。首・肩・腕・腰・足などの幅広い部位に対応可能で筋肉の柔軟性を向上させます。